がんに関する情報
がんに関する情報

印刷

画像誘導放射線治療(IGRT)

前立腺がんに対する強度変調放射線治療(IMRT)

リニアック室内で行う位置合わせの定義

リニアック室内で行う位置合わせとは、治療計画CT時の姿勢を再現することであり、治療計画で立案した放射線を照射する位置を再現することにつながります。後述する画像誘導放射線治療(IGRT:Image Guided Radio Therapy)では後者を指すことが多いです。

リニアック室内で行う位置合わせ

上記の位置合わせを遂行するために、リニアック室内で具体的に行うことは「体表面の印を使用し、体を補正する。」 「治療寝台(治療時に寝る台)位置を補正する。」の2つの方法があります。実際の治療ではこれらの2つの方法を組み合わせて正確に位置合わせを行います。

画像誘導放射線治療(IGRT:Image Guided Radio Therapy)

IGRTは名前の通り画像情報を用いて位置合わせを行う技術です。治療寝台に患者さんが寝ている状態で撮影したX線画像やCT画像から骨・腫瘍・正常臓器の位置情報を把握し、治療寝台を適切な位置に補正(誘導)します。

近年の放射線治療は、定位放射線治療(SRT:Stereotactic Radio Therapy)強度変調放射線治療(IMRT:Intensity Modulated Radio Therapy), 強度変調回転照射(VMAT:Volumetric Modulated Arc Therapy)など、腫瘍に高線量を投与する照射方法が発達してきています。これらの照射方法は、腫瘍と正常臓器の間に急峻な線量差を生じさせるため、放射線を照射する位置と腫瘍や正常臓器の位置関係が重要になります。

当院でIGRTを行える装置は、リニアックに搭載されているLG(Linac Graphy)やOBI(On Board Imager), ExacTracシステムがあります。

このページのTOPへ