印刷

診療科・部門紹介
診療科・部門紹介

MEセンター

MEセンター

最終更新日 : 2020年5月11日

MEセンターとは|スタッフ紹介

MEセンターとは

日々進化する医療のなかで、医療機器の操作・保守・点検等行う専門家が必要となってきており、2005年、大塚から有明に全面移転されるとともに臨床工学技士が採用となった。

医療機器の専門家として病院全体の医療機器を管理し、安全かつ効率よく操作、保守・点検等を行っている。

業務内容

手術室業務

主に各診療科の低侵襲である内視鏡外科手術のセッティングや周辺機器の連動確認、トラブル対応等を行っており、手術支援ロボットが導入され、業務も広がっている。最近ではさらに、ナビゲーションシステム(整形外科)、最新の3D,4K装置を用いた内視鏡手術が行われるようになってきた。

 

  • 内視鏡外科手術
    内視鏡外科手術
  • ナビゲーションシステム(整形外科)
    ナビゲーションシステム(整形外科)
  • 手術支援ロボット
  • 手術機器の点検
    手術機器の点検
  • 麻酔器点検

年々増加している当院での手術件数は、2018年度8,851件に達した。
そのうち内視鏡外科手術の割合は2,956件と高く、手術室での臨床工学技士の役割はますます高まっている 。

ICU業務

集中治療室での業務は、呼吸機能、循環機能、代謝機能などに重篤な問題がある患者さんに対して装着する生体情報モニタ、血液浄化装置や人工呼吸器などの生命維持監視装置の準備や操作、管理をチーム医療の一員として行っている。また、医師をはじめ、看護師・薬剤師・管理栄養士・臨床工学技士・理学療法士・歯科医師及び歯科衛生士等の多職種とチーム医療を実施している。

  • 人工呼吸器点検 人工呼吸器点検
    人工呼吸器点検
  • 血液浄化療法
    (HD,HDF,SLED,SLED-f,DHP,PE,PA)
  • 多職種カンファレンス
    多職種カンファレンス
  • 多職種チームによる呼吸ケア
    多職種チームによる呼吸ケア
血液浄化療法の件数
2020年1月31日集計

2016年1月より日本血液浄化学会認定指定施設になった。

ICUにおける臨床工学技士の役割も増えており、医療機器に最大限の効能を発揮させながら安全性を確保するために365日オンコール体制を確立している。

<Medical Emergency Team (MET)の現状>

Medical Emergency Team(MET)の現状

当院では、MET(Medical Emergency Team:院内救急医療チーム)のメンバーとしても積極的に院内救急に介入している。ICLSプロバイダーの資格を持ったMEが多いのも当院MEセンターの特徴である。

<CART(Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy:腹水濾過濃縮再静注法)の現状>

がん専門病院として、CARTにも力を入れている。

最近では、病棟からの依頼も多く右肩上がりで増えてきており、効率よく処理を行う為の研究も行っています。

 

年度別実姉件数

2020年1月31日集計

 

 

  • 腹水処理の様子
    腹水処理の様子
  • 腹水処理の様子
    研究の様子

機器管理業務

686床を誇るがん専門病院のため、輸液・シリンジポンプやPCAポンプの保有台数が多い。他にもAEDや除細動器など、院内にある様々な医療機器の保守点検等を行い、日々安全に使用できるように管理をしている。

  • 機器管理業務
  • 機器管理業務
  • 機器管理業務
  • 機器管理業務

保有台数

人工呼吸器 8台
血液浄化装置 5台
輸液ポンプ 362台
シリンジポンプ 141台
PCAポンプ 72台
除細動器 7台
AED 26台
ネブライザ 89台
医用テレメータ 21台
ベッドサイドモニタ 168台
低圧持続吸引器 20台
経腸栄養用ポンプ 50台
(2020年1月31日集計)

機器管理実績

(2020年1月31日集計)
機器貸出   4787件
点検・保守   4177件
   輸液ポンプ 2316件 2905件
   シリンジポンプ 589件
   PCAポンプ (小型シリンジポンプ) 612件 975件
   PCAポンプ (アイ・フューザープラス) 363件
      除細動器   10件
      AED  258件
   病棟モニタ類   323件
修理 312件

その他

研修会(MEセンター実施分)

 2020年1月31日集計
血液浄化 8件
人工呼吸器 3件
除細動器 5件
医用生体モニタ関連 4件
その他 9件
合計 29件

 

  • カンファレンス風景
    カンファレンス風景
  • ME勉強会
    ME勉強会

業務増加に伴い臨床工学技士も増員し現在では11名となった。(2020年時点)

最近では女性の採用も増えており、長く働きやすい環境作りを目指している。

また、院内勉強会講師、学会発表、資格取得等、積極的に行っている。

 

  • CART勉強会
    CART勉強会
  • 電気メス勉強会
    電気メス勉強会
  • 除細動器勉強会
    除細動器勉強会
  • ICU勉強会
    ICU勉強会

<学会発表実績>

2016年度
  • 第26回 日本臨床工学会 一般演題
  • 第7回 東京都臨床工学技士会定期総会 病院紹介
  • HOSPEXJapan2016 医療機器安全管理セミナー 講師
  • 第37回 日本アフェレシス学会学術大会 一般演題
2017年度
  • 第25回東京都臨床工学会 主要セッション 手術室業務 講師
  • HOSPEXJapan2017 医療機器安全管理セミナー 講師
  • 第15回日本臨床腫瘍学会学術集会 支持療法 一般演題
2018年度
  • 第26回東京都臨床工学会 主要セッション ME機器管理
  • 第28回日本臨床工学会 一般演題
  • 第39回日本アフェレシス学会学術大会  一般演題(口演、ポスター)
2019年度
  • 第27回東京都臨床工学会 主要セッション 手術室業務 
  • 第59回日本産婦人科内視鏡学会 メディカルスタッフセッション
  • 第40回日本アフェレシス学会学術大会 技術講習会
  • 見学会の様子
    第7回 東京都臨床工学技士会定期総会
  • 見学会の様子
    第15回日本臨床腫瘍学会学術集会
  • 第39回 日本アフェレシス学会学術大会

このページのTOPへ