診療科・部門紹介
診療科・部門紹介

各部署紹介

各部署紹介

最終更新日 : 2022年7月7日

外来

患者さんがその人らしい生活を保ちながら、通院治療を継続できるようチームで支えていきます
看護師長  大澤 めぐみ
副看護師長  鈴木 めぐみ・織本 亜理沙・古寺 麻希・本田 まゆみ・鈴木 美智子

部署紹介

外来の1日患者数は約1700名です。入院期間が短縮され、外来治療が増加しており、さまざまな年齢層の患者さんが通院治療をしています。初診時から治療決定後のサポート、退院後の自宅療養及び社会復帰までを見越した問題点を早期に見つけて看護ケアが提供できるよう、他職種と連携を図り、チームとして支援に取り組んでいます。多くの患者さんと関わることができるよう、診療ごとの面談など必要な看護介入の機会を組み立て、患者支援を行っております。また当院では、遺伝医療、がんゲノム医療、先端医療を行っており、多職種と共に先進的ながん医療の提供を目指しております。

こんな看護をしています

  • 外来看護師は患者さんが初めて病院へ訪れた際に関わる医療者です。安心して診察が受けられるよう、丁寧な対応を心掛けています。
  • 当院の外来は臓器別診療を行っており、手術療法・薬物療法・放射線療法・緩和治療を実施しています。患者さんの疾患・治療に合わせたケア方法を提案し、それぞれの社会生活が送れるよう支援しています。
  • 初めて会う患者さんの話を聴き、短時間で治療経過や現在の状況を把握し、患者さんに必要な看護を提供しています。
  • 外来通院治療中の患者さんの思いや生活背景を聞き、ひとりひとりに合わせた支援を考えることを大切にしています。
  • 患者さんが安心して通院治療を行えるように地域と連携してサポートしています。

職場内研修

  • 遺伝医療、がんゲノム医療、先端医療について
  • 各診療科の疾患・治療について
  • 緊急時対応訓練
  • 褥瘡予防ケア
看護師による初診時看護面談
ACPの看護面談

このページのTOPへ