診療科・部門紹介
診療科・部門紹介

各部署紹介

各部署紹介

最終更新日 : 2022年7月12日

6階東病棟(総合腫瘍科・整形外科・先端医療開発科・頭頸科・上部消化管内科病棟)

その人らしさの最善を探り、「じっくり関わる看護」を目指します。
看護師長
早坂 紀子
副看護師長
大友 陽子
副看護師長
吉田 真理子

部署紹介

当部署は、総合腫瘍科、整形外科、先端医療開発科、頭頸科、上部消化管内科からなる46床の混合病棟です。がん薬物療法、放射線療法、緩和ケアを主とする内科的治療や、臨床試験、手術(頭頸部がん小手術)など幅広いがん治療を行っております。このように多岐に渡る疾患や治療を受ける方々がおりますが、患者さんやご家族の悩みや不安に寄り添い、その人らしく生活できるように、「じっくり関わる看護」を目指し支援しております。

こんな看護をしています

当部署が「じっくり関わる看護」を目指す背景には、総合腫瘍科や頭頸科などで治療されている、頭頸部がんの方々と接する機会が多いことが背景にあります。頭頸部がんという、部位の特徴から、発語(発声)、嚥下、呼吸に障害や治療の副作用が出現しやすく、コミュニケーションをスムーズに行うことが、困難な場面があります。そのため、根気強くじっくり関わることが求められます。これら看護師のコミュニケーションスキルを基礎力に、頭頸部がん以外の、様々ながん種の患者さんに、多角的な方向から多職種と協働で支援しております。どの治療期のがん治療も、決して楽な治療ではありません。病気になる前の自分と比較し、身体的・精神的・社会的な変化に戸惑う患者さんやご家族もおります。そんな時に、寄り添い、じっくり関わることで、「その人らしさ」を探り、大切にしながら、治療や療養を支えていける看護を実践しております。

職場内研修

  • 手術、がん薬物療法、放射線療法、緩和ケアの看護
  • がんリハビリテーションに関する知識・看護   
  • 検査データーからアセスメントするための知識
  • AYA世代への支援
  • 褥瘡予防のための看護
  • 臨床試験の知識や安全管理

ほか

  • 〜日差したっぷりのデイルームの風景〜
    写真1
  • 〜当院に隣接する防災公園を望む6階からの風景〜
    写真2
  • 時には一緒に悩みながら看護について相談し合います
    写真3
  • 声を掛け合って相談しております
    写真3
  • 朝礼のナースステーションの様子です
    写真3

このページのTOPへ