印刷

診療科・部門紹介
診療科・部門紹介

緩和治療科

緩和治療科

最終更新日 : 2018年10月1日

緩和治療科とは|診療実績スタッフ紹介

理念

心身の苦痛緩和を必要とする患者さんに、専門的な緩和治療を多角的かつ集中して行い、患者さん一人ひとりがその人らしさを大切にした生活ができるよう支援します。

緩和治療とは

 

川原 玲子
緩和治療科部長

がんの治療は主に手術、化学療法、放射線療法が知られており、「緩和治療・ケア」という言葉にはネガティブな印象をお持ちの方もいるかもしれません。実は、緩和治療の役割のひとつに、がんやその治療に伴う心理的不安や副作用に対処する、いわば支持療法としての役割があります。

つまり、単にがんの痛みに対して痛み止めを使うだけではなく、治療に伴う吐き気やしびれ、さらに、「眠れない」「気分がすぐれない」など精神的なことについても対応しています。

がん研有明病院の緩和治療は、身体的な痛みの緩和を専門とする腫瘍内科医・外科医、精神的苦痛のサポートを行う腫瘍精神科医、心身のケアを提供する専門・認定看護師、適切な薬剤の使用や情報を提供する薬剤師が一丸となって、チーム医療で対応します。

緩和治療外来、緩和ケアチームについて

緩和治療におけるケアや治療の提供の場は、

  • 外来化学療法などがん治療やがんに伴う苦痛に対応する「緩和治療科外来」
  • 手術や化学療法、感染など、がん治療を行なっている科に入院した時、緩和治療科医を含めた多職種で苦痛に対応する「緩和ケアチーム」
  • 強い苦痛に緩和治療科が主導となって、集中的な治療・ケアを行う「緩和治療病棟」

から成り立っています。

緩和治療科外来

日常生活をスムーズに送れるよう、がんに伴う痛みや治療による副作用など、主治医と連携を図りつつ、苦痛の原因を調べながら、症状の緩和を行います。なお、当科外来のみの通院は原則として行なっておりません。現在治療中の当該科、診療機関の診療を引き続きお願いします。 

受診までの流れ

  1. 当院に通院中の方
    治療中になんらかの症状が出現し、患者さんの希望もしくは主治医により、症状緩和が 必要な状況と判断された場合、主治医からの依頼をもって並診をさせていただきます。
  2. 他医療機関に通院中の方
    まず、がん相談支援センター(03-3570-0419)にご連絡ください。相談員が受診の流れ、当院の緩和治療病棟の情報提供をさせていただきます。その後、診療予約室(03-3570-0541)にご連絡ください。「院外患者初診枠」を予約させていただきます。受診の際は下記書類、資料を持参願います(予めFAXをお願いすることもあります)。

必要なもの

  1. 主治医からの「診療情報提供書」と画像CD-ROM、検査データ資料
  2. 当院所定「医師記入用紙

外来日

午前
午後

*院外からの初診枠は月曜と火曜日に11時から一枠ずつ

がん治療支援緩和ケアチーム

手術や化学療法などの治療で入院中に苦痛症状が強くなった時、身体症状緩和医師、腫瘍精神科医、専門看護師、薬剤師、栄養士のチーム体制で各科病棟に往診し、症状緩和にあたらせていただきます。以下のリンクを参照ください。     

受診までの流れ

患者さんからの希望があった場合、もしくは当該診療科医師および病棟看護師が専門的緩和治療を要すると判断した場合、緩和ケアチームに診療依頼をする形になっています。

入院までの流れ

まずは、所定の「緩和治療病棟申込用紙」に各種事項の記入をお願いします。毎週開催される入退棟検討会で、お体の状態から医療的に入院が必要と判断され、患者さん・ご家族の希望があった時に入院待機していただきます。その後、病床が空き次第入院になります。

  1. 外来通院中の方

    緩和治療科外来スタッフから緩和治療病棟申込用紙が初診時に渡されます。現在入院の必要がない状況でも将来に備えて用紙に記載していただくことも可能です。用紙提出後は、定期的に緩和治療科外来を受診し、状態を把握させていただいています。

  2. 緩和治療病棟以外の病棟で入院中の方

    現在入院治療している診療科の医師が緩和治療病棟での入院が必要と判断し、患者さん・ご家族にその旨の説明がなされた後に、緩和治療病棟担当スタッフが病室で面談(入棟面談)を行います。その際に緩和治療病棟申込用紙をお渡しいたします。用紙提出後、病床が空きしだい転棟します。

    用紙提出後状態が改善して退院する場合は、緩和治療科外来を定期的に受診してください。

    なお、現在緩和治療病棟入院が必要でなくても、患者さん・ご家族が将来入院を考えられている場合もスタッフに申し出ていただければ入棟面談の手続きは可能です。

緊急時の対応

病室に限りがあるため緩和治療病棟に入院歴のない患者様は緊急入院ができません。そのため、原則として緊急入院に対応できる地域の病院を確保されるよう、お勧めしています。主治医から依頼を受けた医療連携部のスタッフが地域の緊急対応医療機関を紹介いたします。

緩和治療病棟(Palliative Care Unit; PCU:12東病棟)

がん研有明病院には、著しい苦痛に対し緩和治療科スタッフが主導となって、集中的な治療・ケアを行う、緩和治療病棟があります。

苦痛の軽減が図られれば、医療連携部のスタッフとともに外来や地域医療への円滑な移行を支援する、いわゆる「急性期型緩和治療病棟」としての機能を担っています。

デイルームでは定期的にボランティアによるコンサートなどを開催しております。

  1. 病室(25床)
    患者さん・ご家族のプライバシーを保ちつつ、ゆっくりと過ごせるよう、全床個室としました。床面は木目調のリノリウムを採用することで、衛生面に配慮しています。
    各部屋には冷蔵庫、テレビ、DVDプレイヤー、ソファベッド(差額病床のみ)が備えつけられています。トイレは患者さん自らが移動しやすいよう、空間にゆとりをもたせたものとし、手摺りを配置しました。
  2. 機械浴、浴室、シャワー
    お体の状態にあわせ、通常の浴室だけでなく寝た状態でも入浴が可能 な機械浴室があります。
  3. その他の設備
    家族控え室やファミリーキッチンを完備しております。ご家族が休まれるための寝具(エキストラベッド、控え室布団;別途料金要)を用意しています。
  4. ご面会について
    面会時間に制限はありませんが、セキュリティの関係上、21時から6時までは施錠しますので、病棟看護師に申し付けください。
    (家族控室)
    (ファミリーキッチン)
  5. 料金について
    緩和治療病棟では1日当たりの入院費用が決められており、保険が適応されます。実際に負担する入院料は、加入されている健康保険の負担割合によって異なります。また、差額ベッド代(1日33,000円)を要する病床もあり、詳しくは医事課(入院担当)にお問い合わせください。
  6. ペットとの面会について
    ペット(犬、猫)の室内の面会も可能です。 一部制約がありますので、詳細については緩和治療科スタッフにお問い合わせください。

このページのTOPへ