印刷

診療科・部門紹介
診療科・部門紹介

超音波検査部

超音波検査部

最終更新日 : 2020年5月18日

超音波検査部とは|検査内容検査実績スタッフ紹介

超音波検査部とは

松枝清
松枝清
画像診断センター長
画像診断部長
超音波検査部部長

超音波検査部では17名の超音波検査を専門とする臨床検査技師と専属の超音波専門医、各科の医師により、病変の有無(異常の有無)、病変の性質や広がりなどを超音波診断装置を用いて診断し、適切な治療方法の選択、決定のために必要な情報を提供しています。がん研有明病院超音波検査部は臨床検査センターの生理検査領域として国際規格であるISO 15189 2012年度版「臨床検査室―品質と能力に関する要求事項」の認定を取得しており、検査を迅速かつ正確に実施するため、超音波検査業務の標準化を進めております。

超音波検査の特徴

超音波検査は病変を診断するためにおこなわれる基本的な検査の一つです。

体表面からの超音波による検索であるため、人体への侵襲は少なく、短期間に繰り返しおこなっても身体への悪影響はありません。

当部署では主に、超音波検査の認定資格をもった超音波検査師が検査をおこなっています。検査で得られた超音波画像所見を日本超音波医学会に認定された、専門医、指導医がチェックしています。

このページのTOPへ