印刷

診療科・部門紹介
診療科・部門紹介

臨床遺伝医療部(旧遺伝診療部から名称変更)

遺伝子診療部

最終更新日 : 2022年3月28日

臨床遺伝医療部とは遺伝カウンセリングとは予約方法について診療内容について スタッフ紹介遺伝性乳がん卵巣がん(HBOC)と診断された方へ|診療実績|オンライン相談について

診療実績

当院の疾患別遺伝カウンセリング症例(2000-2022年累計家系数、疑い例を含む)

遺伝性乳がん卵巣がん(HBOC) 2101例
リンチ症候群(遺伝性大腸がん、子宮体がん) 855例
家族性大腸腺腫症(家族性大腸ポリポーシス) 189例
甲状腺髄様がん・多発性内分泌腫瘍症(MEN1型/2型) 100例
Li-Fraumeni症候群 62例
遺伝性びまん型胃がん(HDGC) 56例
(2000年1月〜2022年3月)

その他、Cowden症候群、Peutz-Jeghers症候群、若年性ポリポーシス、Von Hippel-Lindau、胃がんや膵がん、GISTの多発家系、小児科・麻酔科領域の遺伝性疾患など

当科は2000年1月に開設され、すでに3800症例以上のがんの遺伝カウンセリングを実施してまいりました。症例として頻度が多いのは、遺伝性乳がん卵巣がん、リンチ症候群(遺伝性大腸がん、遺伝性子宮体がん)、家族性大腸ポリポーシスなどですが、ほぼすべての診療科領域の遺伝性腫瘍に対応しています。

このページのTOPへ