印刷

診療科・部門紹介

臨床遺伝医療部(旧遺伝診療部から名称変更)

最終更新日 : 2022年3月28日

臨床遺伝医療部とは|遺伝カウンセリングとは|予約方法について診療内容について スタッフ紹介遺伝性乳がん卵巣がん(HBOC)と診断された方へ診療実績オンライン相談について

遺伝カウンセリングとは

「自分は若くしてがんを発症したのでがんになりやすい体質なのではないか」、「がんに罹患した方が家族に何人もおり、自分の家系はがん家系ではないか」、といった心配を抱えている方がいらっしゃると思います。

また、治療を受けている担当医から、「あなたのがんには遺伝が関係しているかもしれないので、専門家に相談した方がよい」と勧められたという方もいらっしゃるでしょう。

このような場合に、利用していただけるのが遺伝カウンセリングです。

遺伝カウンセリングでは、臨床遺伝専門医(遺伝に関する専門医)や認定遺伝カウンセラー®が、ご本人やご家族が何歳の時にどのようながんにかかったことがあるのかなどの聞き取りを行い、得られた情報を整理して、遺伝性のがん(遺伝性腫瘍)の可能性があるのか、あるとすればどのような遺伝性腫瘍が考えられるかを検討します。
そして遺伝性腫瘍の可能性が考慮されると判断された場合に、該当する遺伝性腫瘍について詳しい説明(疾患の特徴、診断方法、治療、がんの早期発見のため対策や予防方法など)を行い、遺伝学的検査の実施についても話し合っています。

遺伝学的検査の結果、遺伝性腫瘍と診断された方には生涯にわたって、計画的ながん検診やがんの発生を予防する方法などの対策が勧められています。その場合には国内外の指針等を参考にしながら適切な予防医療を提案し、様々な科と共同で、継続的な支援を行います。

また、がんの遺伝に関する遺伝学的検査の情報は、その結果を活用して、血縁者(ご両親、ごきょうだい、お子さんなど)のがんの早期発見などの健康管理に役立てることもできます。遺伝カウンセリングはがんと診断されたご本人だけではなく、その血縁者の方もご利用いただけます。

遺伝学的検査を受ける前には、遺伝学的検査を受ける意義や実施する前に考えておくことについてもご説明します。その上で、ご本人の意思で受けていただく検査です。

当部の遺伝カウンセリングは、日本人類遺伝学会と日本遺伝カウンセリング学会が認定している臨床遺伝専門医、認定遺伝カウンセラー®が担当いたします。

  • 「がんと遺伝」について以下の動画で詳しく説明をしております。

このページのTOPへ